犬も歩けば棒も歩く。 ホーム » スポンサー広告 » 考察 »あんこー!!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ゲームブログ テイルズウィーバーへ
にほんブログ村

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

あんこー!!!  

Domestic Violence 通称DV
このご時世ですからねー(’’
知らない人は少ないんじゃないでしょうか。
久しぶりに時事ネタ兼考察系

以下
DVは俗に夫婦間で夫から妻への暴行、それに順ずるものと認識されやすいようです。
厳密には同居状態の配偶者、親兄弟、親戚等々の
家族による家庭内での暴力行為とされています(’’

過去には尊属殺人罪というものもありましたが
現在はその法律は違憲であるとし、後の改定で削除されています。

そして現在。
親殺し子殺し家庭内不和による自殺等々を含めるとどんだけあることなのやら(・ω・`)

私自身家族に対して、精神症状としての強い両価性を持つので、
正直に言って わからんでもない と言わざるをえません。

そうは言っても実際に暴力振るったりはしませんし、
聞くに堪えないことを口走ったりだとかは極力言わないようにしています。
事実の指摘は除く(キリッ
無意識に行動してたり、受け手がどう解釈したかにもよりますが・・・

ここんとこ夜のニュースを三、四日続けて見ました。
ほぼ毎日この手の話題を取り上げていましたね。
それをニュースで流して社会にどんな利益があるのかは甚だ疑問ではありますが。
ここしばらく目立っているのは、
実親が幼児やら児童に虐待するなどして死傷させたというものです。

年間通してよく聞かれる話でもあると思われますが
今回はココ、親から子供へのDVについてすこし見てみようと思います。


親の立場としても色々あるとは思いますが、
それを配偶者やら子供に八つ当たりするのはお門違い・・・というか、アナタはそんなに偉いんですか?

どこかで見た構図、というか例ですが、(多分夜回り先生こと水谷氏)
父親が会社でストレスを溜める→家に帰って妻に当たる→妻は子供に当たる→子供は・・・
ストレスを持ったニンゲンが自分より弱いものへ八つ当たりしていくとどうなりますか、家の中で自分より弱い立場のものが居ないお子様はどうすればいいんですかっと。
兄弟姉妹やPETがいればそちらへ当たるかもしれない、
自分の通う学校でクラスメイトやら教師やらモノに当たるかもしれない、
どこにも当たらない心を持った子は、自分がダメなのだと思い込み自分を傷つけるかもしれない。
さらに頭のいい子は自分がそんなことをすれば回りに迷惑だと思い、内へ内へとその感情を押さえつけるかもしれない。
マーよくできたサイクルだこと。

それを量ってやれることが出来なければ、いつ、どこかしらで爆発しないとも限りません。

ストレス社会と呼ばれるほどの現代社会の中で、ストレスを溜めずに生きるということは難しいと思います。
さらにその中でも個人差がでるから余計に。
Aさんが軽く流せることをBさんは重く受け止める、というような具合で。

とはいっても家族や知人に当たるのは先に言ったとおりお門違いの何者でもないでしょうが。
子供が何を考えているのか分からない、ついカッとなった、家庭や会社でストレスが溜まっていたetcetc

そんなもん甘え以外の何物でもないでしょうが、寝言は寝て言え(’’

人が二人居れば、突き詰めて考えれば最終的には身内でも"他人"なんだから、
もう片方の人間のことなんか分かるはずがないじゃない。
昔の記事にも書きましたが、
自分の理解できない事象を自分の中の常識で処理しようとするのには無理があるのですよ。
常識とは、社会や自分の人生の中で培われてきた"偏見"と言えるものなのですから。


ついカッとなった。なら殴っちゃっていいの?
ストレスの元凶を殴るわけでも刺すわけでもなく、
無関係の身内を殴ったり刺しちゃったりしていいの?

やらかした後に反省しようが後悔しようが遅いのですよ。
反省は場合によるけど、後悔するなら初めからするな。
という意見に対しては、過去のことなんていくら言っても仕方ない。と言いたいところですが、いい大人にもなってて自分の行動に責任が取れないとは言いますまい?よっぽどの事情がない限り、自分がやって後悔するようなことならある程度の予想もできるでしょう?

人は二人居れば敵対し、三人居れば派閥ができる。
私哲学的にはそういうことだと考えてます。


二親がケンカ→子供はとばっちり→親権だのなんだのetc。上の公式にぴったり当てはまると思いませんか?
夫婦喧嘩は犬も食いませんが、とばっちりを受ける人間が居るということも頭の片隅くらいには置いてみたらどうですか?自分一番!な方なら私から言うことは特にないですが。




最後に。
これはあくまで私個人の考え、というか思うところなのですが、
親が子供に言ってはいけないこと、子供が親に言ってはいけないことっと。

親編:アンタなんか産まなきゃよかった 
子供編:産んでくれなんて頼んでない 

この二つはだめ、ゼッタイ。
親は子を、子は親を選ぶことはできません。(授かりものだとゲフンゲフン)
常々、今ある現状での最良を模索するのがベターだと思う私。
目の前に居たら留置場覚悟で(それ以外の刑事施設はちょっと・・・)ぶん殴ります。
女子供関係なく加減はしますがぶん殴ります。
お偉様だろうがぶん殴らせていただきます。

曲がったニンゲン達と関わってきた私としては、
こういう形でひねくれたことを言うヤツは昔から大嫌いです。


さてさて、長くなりましたが主観入れまくっての考察となりました。
何かの参考になるわけでもなく、役に立つわけでもない雑記ですがとりあえず。

気が向いたらDV:親、夫婦編  や  怪物親  についてまた書きたいと思います。かしこ
スポンサーサイト
にほんブログ村 ゲームブログ テイルズウィーバーへ
にほんブログ村

category: 考察

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://einszweidreihahaha.blog22.fc2.com/tb.php/112-62478f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。